[inline] [/inline]

渡邊健太郎氏・野山大彰氏 「使用価値」でなく「体験価値」を売る

2012 11月 07 ネットビジネス, 体験価値 コメントは受け付けていません。 このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by admin

キャンペーン期間は

11/6(火)12時 から 11/15(木)まで

となっております。

 

渡邊健太郎(わたなべ・けんたろう)

渡邊健太郎(わたなべ・けんたろう)

株式会社ネットランドジャパン取締役

 

ネット通販実践会 商品の「使用価値」ではなく「体験価値」を売る。 

 

渡邊健太郎氏・野山大彰氏 「使用価値」でなく「体験価値」を売る

の会員募集(初回お試しプレゼント)で内容確認後決めることができます。 

 

商品の「使用価値」ではなく「体験価値」を売る。


例えばメガネ。



 使用価値で売れば5,000円くらいのものが、体験価値で売れば2万円~3万円で売れるようになります。

「使用価値を売る」とは、メガネを普通の視力矯正の道具として売る事を言います。

 

一方「体験価値を売る」とは、



 

「モテるメガネ」というコンセプトで、「かけるとかっこ良く見える」とか

「仕事が出来るように見える」といったアピールで販売するなど、

別の魅力を売ることを言います。

 

女性のスタッフが、一番「かっこよく」見えるようなメガネを選んでくれるとか、

顔の形にあわせてカスタムメイドしてくれるとか、

そんなサービスを付けることで商品に新しい魅力を創りだすのです。

 

そうすれば、ほとんど原価は変わらないのに、

高い値段で売ることができます。

 

また、そうすることによりライバルも少なくなります

(メガネはどこでも売っていますが、モテるメガネを売っているところは他にありません)。

 

目が悪くない人にも買ってもらえるかもしれません。

 

ネット通販実践会 商品の「使用価値」ではなく「体験価値」を売る。

 

 

つまり体験価値とは、商品への「光の当て方」を変えることにより、

普通の商品に新しい魅力を創りだすことなのです。

商品の粗利は70%以上を確保する

ネットで商品を売る場合、

商品にかかる原価は3割以下に抑えておきましょう。

 

それ以上だと利益が残らないため、手取り収入が少なくなるだけでなく、

売上を伸ばしていくための広告費や商品の改良などの

投資に回す資金が十分に確保できません。

 

「どうすれば商品を安く作れるのか?」ではなく

「どうすれば粗利7割をもらいながら、お客様に喜んでもらえるのか?」

つまり、どのように体験価値を創りだすのかを考えるのです。

リピート戦略

リピートが命です。

なぜなら最初に商品を買ってもらうことが一番大変で

お金がかかるため、ほとんど利益が残らないからです。

(ビジネスにおいて最もお金がかかるのは、新規顧客の獲得なのです)。

 

大きな利益は2回目以降の購入から生まれます。

 

なので、なくなったらまた買ってくれるような「消耗品」を販売する。

もしくは、一度買ってくれたお客様が繰り返し購入してくれるような商品ラインナップを揃えることが重要です。

 

例えば通販でお馴染みの「高枝切りバサミ」は、

同じ人が何度も買うような商品ではありません。

 

しかしあの商品を売ることの本当の目的は、

「一戸建てに住んでいる、標準よりも高い所得の顧客」を獲得し、

そのお客様が買いそうな商品を後で売ることなのです。

1ページにつき目的は1つ

そのページで達成したい目的が少なければ少ないほど、

コンバージョン(成約率)は高まります。

 

よっぽどの理由がない限り、

1ページで達成したい目的は1つであるべきです。

 

特に、広告などでアクセスを集めるページ(=ランディングページ)は、

特定の1つの商品を販売する以外のことをしてはいけません。

 

複数の商品を並べたり、別のページにリンクさせたり、

サンプル請求はこちら、購入はこちら、と

2つの目的を持たせたりしてはいけません。

年商17億円の通販サイト経営者であり、

コンサルタントの渡邊健太郎さんが、

自分でやっていることや、クライアントに教えていることの中で実際に成果の出ている方法の、ほんの一部です。

 

もっと詳しく実践的な内容は

「ネット通販実践会:ニュースレター会員」で学ぶことができます。

 

「ネット通販実践会:ニュースレター会員」は、

ECサイトやネットショップの売上を伸ばしたいという方のための

会員組織で、サービスには主に以下の2つがあります。

会員専用サイト

毎月発行のニュースレター

 

ネット通販実践会 商品の「使用価値」ではなく「体験価値」を売る。

«  渡邊健太郎氏・野山大彰氏 「使用価値」でなく「体験価値」を売る  »

無料プレゼント
あの伝説の「夢リタ」から数ヶ月…。柴野雅樹氏が放つ渾身の力作「夢リタトリプルアロー」のPDF版が無料で入手できる大チャンスです。 1円もかからずに初心者のために作成された総ページ数300ページを超える力作が無料なんてあり得ていいのか!いいんです。なぜならそれが柴野クォリティだから。 アフィリエイト報酬だけで4000万円を稼ぐ男の心意気とノウハウの全てを今、あなただけが手に入れることができます。今、すぐ特別特典をダウンロード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。



コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。